ロリポップよりエックスサーバーの方が安い?

前の記事の最後あたりで、ロリポップよりエックスサーバーの方が安い場合がある、というかロリポップの方が高くなる場合があると書きました。
サイトの運用の仕方(運用方針?)によっては、ロリポップの方は追加費用が必要になってきます。

独自SSLを導入するならロリポップよりエックスサーバーの方が安い

ロリポップの方が費用が高くなる場合というのは、サイトに独自SSLを導入する場合です。

サイトで確認できる限りでは、ロリポップでは独自SSLは3種類用意されていて、個人利用を想定して最も低価格のものを導入した場合で、年額20,000円(提供は2,000円/月から)かかります。

対してエックスサーバーは、最も料金の高いSSLブランドでも年額14,000円、最も安いものは、なんと無料です。

サーバーの月額利用料は以下の通りです。

サーバー利用料金(独自SSLなし)

 

それぞれに最も安い独自SSLを導入すると、以下のようになります。

 

エックスサーバーは無料の独自SSLを選べば、とうぜん追加費用はかかりません。ロリポップは、長期割引が適用された価格でもずいぶん割高に見えてしまいます。

「個人サイトだけど、どうしても知名度が高く権威のあるSSLを導入したい!」という人なら年間2万円超の支出も惜しくないのでしょうけど、SSLの必要性を感じていない人、グーグルのアナウンスに反応してURLを「https付き」にしたいだけの人には、ロリポップの独自SSLはちょっと重い出費じゃないかと思います。
それぞれの独自SSLについては下のリンクからご確認を。
ロリポップ! 独自SSLについて
エックスサーバー オプション独自SSL
あまり差がないとはいえ表示速度も速くて、しかも独自SSL導入したらロリポップより安いのなら、もうエックスサーバーでよくね? と一瞬思ったんですけど、そもそも独自SSLって必要なんでしょうか?
さっきちょっと触れた「グーグルのアナウンス」というのも気になります。もっともこれについては、少々勘違いしているんじゃないかな? と感じる記事をあちこちに散見します。
もう少し調べてみて、また後日書きます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログ運営
シェアする
ばどぷら

コメント