「普通においしい」の本当の意味と使われ始めた理由

「普通においしい」
「ふつうに面白い」
「フツーにかわいい」
などなど、TV、ネット上、実生活で「普通に○○」という言い方を見聞きするようになって、もうずいぶん経っています。

しかし、ずいぶん経っているにもかかわらず、あるいはずいぶん経ったからなのか、この「普通に○○」の意味は人によって解釈が分かれる場合もあって、曖昧なようです。

「普通に読む」「普通に歩く」など「普通に+動詞」の場合については特に違和感を覚える人はいないようで、意味・用法が問題になっているのは、冒頭に挙げたような「普通に+形容詞」の場合です。

この表現、元々はどういう意味で使われ始めたんでしょうか?
「普通に○○」の意味を、僕の記憶と解釈の範囲で解説してみます。

現在はどういう意味で使われているのか

「ほどほどに○○」

「普通レベルで」「中程度に」「ほどほどに」といった意味で使われるケースで、「普通に○○」の意味に言及している記事のほとんどがこの解釈のようです。

参考:
教えて!goo
「普通においしい」って褒め言葉?
Yahoo!知恵袋

最近、「普通に美味しい」と言う言葉を聞きますが、

 

「すごく○○」

元記事のテキストを見つけることが出来なかったので、新聞記事の画像から手入力で抜粋。

「普通においしい?」

何か、彼とは日本語が通じたような、通じないような……会社に戻って、この奇妙な経験を同僚に話すと「普通においしい、というのは、すごくおいしい!という意味ですよ」。

エッ、本当なのか?

普通の「普」は「並」の下に「日」と書く。「並」は横に広がることを表し「通」はあまねく知れ渡っているという意味。だから広辞苑で「普通」は(1)ひろく一般に通ずること(2)どこにでも見受けるようなものであること……とある。この若者は「広く知れ渡ったおいしさ」とでも言いたかったのか? でも「普通においしい」はやっぱりおかしい。

『牧太郎の大きな声では言えないが…』毎日新聞

筆者さんではなく、ここに登場する「同僚」さんによれば、
「普通に○○」=「すごく○○」
だそうな。
さらに、こう続きます。

同僚は「今の若者は、もの心ついてから不況の連続。自分のことを“普通以下”と考えている。だから彼らが言う“普通”とはワンランク上の事なんですよ」

ちょっと考えすぎというか強引じゃなかろうか。

実は「すごく○○」の例はこのひとつしか見当たらなかったんですが、この元記事自体がけっこう知られているようで、複数のブログで取り上げられていたのでここでも挙げてみました。

不定形

「ほどほどに」でも「すごく」でもない中立型(?)の意見もあります。

言う人、聞く人によって意味が違うから気をつけてね、という記事。

それにしても、形容詞はいろいろあるだろうに、なんでどの記事も「おいしい」を例に挙げているんだろう。

以上のように、意味については諸説あるんですが、やはり大勢を占めているのは、
「そこそこ」「可もなく不可もなく」
といったニュアンスでの使われ方のようです。

しかし僕の記憶では「普通に○○」の元々の意味は上記のどれとも違います。

「普通の意味で○○」

「ヘンな意味じゃなく」「他意なく」「条件なしに」「言葉通りの意味で」といったニュアンス。
こちら↓で解説されている用法です。

平野啓一郎 公式ブログ
「普通においしい」

僕が考える「普通に○○」の意味はこれです。
詳しくは後述。

スポンサーリンク

先に流行った「ある意味○○」

「普通に○○」がどういう意味なのかは、この表現が登場したプロセスを考えると解ります。
この表現が広く用いられるようになるには、ある前振りがありました。
それは「ある意味○○」という表現の流行です。

2014年に終了した長寿番組『笑っていいとも!』に、毎回日替わりでゲストを招いて司会者とトークをする『テレホンショッキング』コーナーがありました。
もう誰だったか忘れてしまったんですが、ある男性俳優がゲストの回に、

ゲスト「(タモリを)ある意味尊敬してます」
(数秒沈黙)
タモリ「…じゃあ、ある意味じゃ馬鹿にしてるんだろ(笑)」

と、こんなやり取りがあり、客席で地味に笑いが起こるという場面がありました。
「普通に考えると尊敬できるようなことじゃないんだけど、視点を変えれば尊敬できなくもない」
つまり、「よっぽど好意的に解釈しない限り、そりゃダメだよ」という皮肉を含んだジョークですね。

「ある意味○○」の反対語として生まれた「普通に○○」

その放送の影響なのか、その頃からTVで「ある意味○○」という言い回しを耳にすることが多くなったように思います。

流行るにつれて、単に
「先輩、カッコいいっすね」
と言ったら、
「そう? どうせあれだろ? “ある意味カッコいい”ってやつだろ?(笑)」
と軽く自虐ネタで返すという展開も、身の回りで時々見るようになりました。
そしてさらに、
「やだなぁ(笑) 違いますよ。“ある意味”じゃなくて“普通の意味でカッコいい”ですよ。先輩、普通にカッコいいっす」
と続いたりするわけです。

「ある意味○○」があまりに市民権を得て多用されるようになってしまった。
そこで、余計な誤解を招かないため、あるいは会話の端々でいやいやヘンな意味じゃないですよ、といちいち返すお約束が面倒になったなどの理由で、初めから「ある意味」じゃなくストレートな意味で言ってると判るように言う必要性を感じて使われ始めた接頭語が「普通に○○」である。
と、この表現が登場した頃から僕はそう認識しております。

「普通に○○」は、何が普通なのか?

つまり「普通にカッコいい」は、カッコよさの度合いが普通レベルなのではなく、「“カッコいい”という単語の用法が普通である」という意味なのです。

「普通においしい」も、普通レベルにおいしいのではなく、
「“体にいいと思えばおいしい” でも “幼稚園児が作ったにしてはおいしい” でも “はじめて作った時よりはなんぼかおいしい” でも“キミが作ったんだからおいしいに決まってる”でもなく、ひねりなしに無条件においしい
ということになります。

「普通にヘンだね」と言われたら、それは単に「あなたは変人です」と言われただけです。
激しくヘンじゃないからまだ大丈夫って意味かな? などとポジティブな疑問を差し挟む余地はありません。

 

以上が、僕が考える「普通に○○」の意味とルーツです。

けっこう断定口調で書いている部分もありますけど、あくまで個人の見解です。
記録を残したり学術的に調査したししたわけではないので客観的根拠は出しにくいんですが、時系列的に考えて「ある意味○○」という表現と関係はあると思うので、これで合っているんじゃないかと思うんですが、いかがなもんでしょう。(自信度85%)

ここまで書いて言うのもアレですけど、言葉には変化や分化が付きものですから、現在でも僕が言う意味が唯一の正解とは言えません。「普通にヘンだね」だって、言う側は「ほどほどにヘンだね」というニュアンスで言っている可能性もあります。

しかし、こういった話題には「今はともかく、最初はどういう意味だったのか?」という疑問が付きもので、それに対しては平野氏や僕の答えが唯一の正解ということになるんじゃないでしょうか。

 

コメント

  1. さろもん より:

    勉強になりました~。

  2. あきはる より:

    >さろもんさん

    承認中になったってのは、ここのことだったんですねw