広島東洋カープがマジック1で優勝目前

広島東洋カープが優勝してしまいそうな勢いです。
というか、するでしょう。
この状況から優勝を逃す確率はそうとう低いと思われます。
早ければ、今日(2016年9月10日18:00から)の巨人戦で優勝が決まります。

普段はプロ野球にはほとんど興味ありません。
だけどやっぱ広島県民としては、25年ぶりの優勝なんていう状況になると、にわかと言われるのを警戒しつつも多少はスポーツニュースを気にしたりします。
25年前は違う県に住んでたんですけどね。

「地元優勝は逃したけど、敵地に乗り込んで直接対決で優勝をもぎ取ってくるのもいいよね」
とか、勝ち方にこだわるコアなファンみたいなことを言ったりもしてます。
今日どこでどこと対戦するか、14時くらいになって知ったんですけどね。

若干わくわくしている自分を意外に思っていたら、高校時代のことを思い出したりしまして。

僕が通っていた高校は県内では1、2を争う進学校で、体育会系の部活はそれほど盛んではなかったんだけど、僕が高3の時に野球部が「1回戦を除いてすべて1点差決着」という危なっかしい展開ながらも勝ち続けて、甲子園に出場してしまったんです。
そのころもスポーツにはあまり興味はなかったんだけど、でもなぜか応援団に所属していたこともあり(笑)、高3の夏はけっこう盛り上がりました。

僕にもいっちょまえに、自分の属する(広義の)コミュニティに対する愛着のようなものが少しはあって、それと高校時代の記憶が結びついて、カープ優勝目前の今、こういう高揚感になっているんだろう、などと思ったりします。

カープがしょっちゅう優勝しているチームだったら、この感覚はおそらくなかったですよ。
たまにしか優勝しないチームの地元民の特権です。
最近はカープ女子とかカープ芸人とかが多いから広島県民じゃないファンも多いかもだけど。

おお! 巨人とSBのファンの人たちが僕に羨望のまなざしを向けているようないないような!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑感
シェアする
ばどぷら

コメント